立地環境・周辺環境

本学は1891年の創立以来、次々と進化、発展を遂げ、現在では3キャンパス6学部21学科を擁する、国内最大級の農学系総合大学に成長しました。
オホーツクキャンパスは1989年網走市に誕生し、このオホーツクの大地で約1,800名余りの学生が全国各地から集まり、この地だからできる研究活動を、恵まれた施設環境の下で学んでいます。

「オホーツクだからできること」
 オホーツク地域は大自然に息吹く生命の宝庫です。世界自然遺産・知床には、絶滅危惧種や希少な動植物が生息し、ヒグマやエゾシカ、アザラシなどの大型哺乳類が美しい自然の中にその雄姿をみせています。
 また食物生産は、地域社会を支える基盤であると同時に、国内外の食物流通・消費にとっても欠かせない基幹産業となっています。
 生物産業学部では、このオホーツクで地域との密接な連携によって「体験し、感動し、学び、究める」ことをめざした実学の教育と、生産~加工~流通~経営、さらに先進的研究など、数々の研究を実践しています。

My Page

▶会員ID・パスワードを忘れた方はコチラ

資料請求カート

資料請求カートにいれるとまとめて資料を請求できます。

▶現在のカートの中身は、0件です。
  • 北海道情報大学 右部バナー広告
  • 北海道情報専門学校 右部バナー広告
モバイル版アドバンス|ケータイがあればどこでも見られる、便利なモバイル版サイトもぜひ、利用してね!